« Smaart最新バージョンV.6導入 | トップページ | 清水七夕まつり »

2007年5月31日 (木)

AED(自動体外型除細動器)講習に参加

aed_ws.gif

所属団体である日本照明家協会 東京支部NGCの定例会に伴い開催されたワー
クショップで、最近設置が増えてきたAED(自動体外型除細動器)の取り扱いを主
に救命実習に参加してきました。

実際に人が心肺停止で倒れている状況に遭遇した場合、自分が実際に救命処置で
きるか?なかなか難しいと思いますが、色々なケーススタディで対応方法をダミー
人形を使ってやってみて、まったく無知の場合とは違う対応ができそうな気がしました。

1台35万円程度するようなので、なかなか手が出ませんが、もう少し普及し安価
になれば一家に一台なんて時代も来るのかも。

救急車の到着時間が年々長くなり、都内平均では6分半で、これは署を出動して
現場入り口までの時間統計で、実際に救命が行われるのは更に遅くなっているの
が実情とのこと。心肺停止で脳に酸素が行かなくなると3~4分で脳細胞の破壊が
始まり、蘇生の可能性は1分毎に約1割低下していくので時間との勝負となる。
救急が到着するまでにどれだけの救命処置ができるかで、その生死が分かれるそ
うです。
ちなみに以前から言われている「心臓マッサージ」は「胸骨圧迫」という表現に
変わっていた。
その「胸骨圧迫」の方法も年々考え方が変わってきて、圧迫場所や回数などが以
前の救急講習の時とは違っていました。
AEDや救急救命に興味のある方は下記のリンクも参考になります。

▽AEDの参考リンク
http://www.nihonkohden.co.jp/aed/index.html
▽胸骨圧迫の参考リンク
http://www.qqzaidan.jp/qqsosei/point.htm
▽CPR心肺蘇生法の参考リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E8%82%BA%E8%98%87%E7%94%9F%E6%B3%95


« Smaart最新バージョンV.6導入 | トップページ | 清水七夕まつり »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Smaart最新バージョンV.6導入 | トップページ | 清水七夕まつり »