« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

AED(自動体外型除細動器)講習に参加

aed_ws.gif

所属団体である日本照明家協会 東京支部NGCの定例会に伴い開催されたワー
クショップで、最近設置が増えてきたAED(自動体外型除細動器)の取り扱いを主
に救命実習に参加してきました。

実際に人が心肺停止で倒れている状況に遭遇した場合、自分が実際に救命処置で
きるか?なかなか難しいと思いますが、色々なケーススタディで対応方法をダミー
人形を使ってやってみて、まったく無知の場合とは違う対応ができそうな気がしました。

1台35万円程度するようなので、なかなか手が出ませんが、もう少し普及し安価
になれば一家に一台なんて時代も来るのかも。

救急車の到着時間が年々長くなり、都内平均では6分半で、これは署を出動して
現場入り口までの時間統計で、実際に救命が行われるのは更に遅くなっているの
が実情とのこと。心肺停止で脳に酸素が行かなくなると3~4分で脳細胞の破壊が
始まり、蘇生の可能性は1分毎に約1割低下していくので時間との勝負となる。
救急が到着するまでにどれだけの救命処置ができるかで、その生死が分かれるそ
うです。
ちなみに以前から言われている「心臓マッサージ」は「胸骨圧迫」という表現に
変わっていた。
その「胸骨圧迫」の方法も年々考え方が変わってきて、圧迫場所や回数などが以
前の救急講習の時とは違っていました。
AEDや救急救命に興味のある方は下記のリンクも参考になります。

▽AEDの参考リンク
http://www.nihonkohden.co.jp/aed/index.html
▽胸骨圧迫の参考リンク
http://www.qqzaidan.jp/qqsosei/point.htm
▽CPR心肺蘇生法の参考リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E8%82%BA%E8%98%87%E7%94%9F%E6%B3%95


2007年5月19日 (土)

Smaart最新バージョンV.6導入

smaart6.gif

音響アナライザソフト「Smaart」の最新バージョンV.6導入しました。
SmaartはVer.1から愛用しています。
このソフトが日本に最初に紹介された時はJBL Smaartという名称で当時JBLを取り扱っていた
ハーマン社が扱っていました。その後ハーマン社がJBLを手放した時点でSmaartも代理店が
無くなった時期もありましたが、音響特機さんが代理店になってから安定して供給されています。
そして今回はSmaartがEAWの傘下に入って初のリリースで、単なるバージョンアップではなく
別物となっています。
前バージョンにあった機能が何項目か割愛されている点が少々残念ですが、現場での調整
作業をするにあたり、より重要な点がブラッシュアップされているように感じました。
この前新規導入した「EASERA」と合わせて、強力なツールが増えました。

2007年5月15日 (火)

用宗港 しらす祭り

mochimune_shirasu.gif

先日(13日)、用宗港で開催された「しらす祭り」の様子を見に行ってきました。
例年朝早くから大勢が来るとのことなので、8時半開始間もなく着くように向かいましたが、
既に港の「生しらす」売り場には長蛇の列。
「生しらす」以外にも色々な海産物が売られ、お弁当や飲料の販売テントも多く並び、
吹奏楽やエレクトーンなどの演奏も行われて賑やかでした。
「生しらす」を買うのは諦めたのですが、「豆アジ」?の干物を試食したら美味しかったので
即買いしてしまいました。
我が郷土「静岡」海・川・山の全てが近くにあり、このような新鮮な海産物にも恵まれ、本当に
良いところです。

2007年5月 1日 (火)

まだ穴場?かも

aquas.gif

新焼津漁港近くにある深層水関連付帯施設に「アクアスやいづ」というタラソテラピーがあります。
その3階には素晴らしい眺望のレストラン「ラ・ブラージュ」があり、写真のように駿河湾越しの富士山
がとても綺麗でした。
11時半~からランチタイム、14時?~ティータイム、夕方からはディナータイムとなってます。
レストランだけの利用も、まずは1階のカウンターでチェックインしなくてはならないので、多分それが
理由で未だに利用者が少ないのかも知れません。
と言っても、隣接して「ウミエール」という土産物やレストラン施設もオープンしたせいか、当日は
来客が多かったです。

▽アクアスやいづ
http://www.marinetown-yaizu.co.jp/

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »