« 測定器の校正を実施しました | トップページ | 華氏120度(摂氏50度) »

2007年9月 4日 (火)

省エネ対策やCO2排出量について考える

2000ms2-1.JPG

省エネ対策やCO2排出量などの環境問題について取り上げられることが多くなりました。
一番身近なエネルギーは電気です。
そんな事に問題意識が高まる中、面白い測定器?を見つけました。
(株)計測技術研究所(大崎電気工業(株)が製造元?)から発売された「ワットチェッカー」
というものです。
従来、複数の測定器(マルチメーター・クランプメーター・ワットメーター)が必要だった
待機電力・実効電力・皮相電力等8種類の測定がコンセントに差すだけで測定できます。
最近発売された「ワットチェッカーPlus」ではCO2排出量を算出する機能が付加されてます。

▽ワットチェッカー
http://www.keisoku.co.jp/product/pw/watt/2000ms1/index.html
▽ワットチェッカーPlus
http://www.keisoku.co.jp/product/pw/watt/2022-04/index.html

« 測定器の校正を実施しました | トップページ | 華氏120度(摂氏50度) »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 測定器の校正を実施しました | トップページ | 華氏120度(摂氏50度) »